2014年6月1日日曜日

外車は壊れる。スタート

果たして外車はよく壊れるのか
壊れると高くつくのか
部品の入手製はどうなのか?
自分で修理できるのか?
を検証しながら修理していきます。

最初のトラブルらしいトラブルが出ました。

発覚の経緯
車を駐車しエンジンを停めた後に電動ファンの音がうるさい。
ファンが回るのは正常だろ?

違った。うるさいファンが回るのは水温が高いからで
水温が高いのは低速側のファンが作動していないから高速側のファンの動作設定温度まで水温が上昇している。

クーラントも少なく軽くオーバーヒートもしていました。

しかし水温上昇もワーニングもまったく認識できませんでした。

ネットで調べると関係ありそうな情報が多く発見できる時代。
およそ当たりをつけて修理作業の開始


分解前



フロントバンパーを外す。
結構簡単

レインフォースを外す
結構簡単
クーラーコンデンサーをずらす。
配管はホースなので、まげても安心
ラジエーターファンを取り出すので、ラジエーターをずらす。
アッパーホースをラジエーターからボルト2本でホース口のフランジ外した。
よくわからず外したので急にクーラントが出てきてあわてた。









0 件のコメント:

コメントを投稿